2007年09月12日

CPUの性能はパソコンの性能に直結

p_cpu.jpg
CPUは「Central Prosessing Unit」の略で、中央演算装置と呼ばれ、人間で言えば頭脳にあたるコンピュータの中枢部です。

CPUは数値演算装置と制御装置で構成されています。命令の解釈と実行、メモリやその他の装置との間のデータ転送を行う機能を持っています。

店頭などでCPUの性能を示す「クロック周波数」「キャッシュメモリ」というものがありますが、
クロック周波数とは、CPUの動作の基準となる信号の周波数のことです。単位はHz(ヘルツ)です。一秒間に何回計算できるかということを示していますが、この値が大きいほど高速で処理ができます。

キャッシュメモリとは、CPUとメインメモリの間に位置し、CPUがメインメモリから読み込んだデータを一時的に保存する場所で、メインメモリよりも高速な記憶装置です。
キャッシュメモリ2段階、3段階としているものもあり、より処理の高速化を図っています。

店頭表示で1L(1次)キャッシュ○○  2L(2次)キャッシュ○○といった表示がされていますが、この値が大きいほど高速処理が可能です。

これらの数値が高いほど高性能なパソコンといえますが、
反面、数値と比例して価格も上昇します。

------------------------------------
Yamada-DenkiWEB.com

posted by hamap at 09:45| Comment(9) | TrackBack(1) | パソコン座学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

座学2・装置の種類

コンピュータ、家ではパソコンを使用しますが、
様々な装置で成り立っています。

前回の座学でお話しましたとおり、コンピュータ(パソコン)は
何か命令を与えなければ何も動きません。

そこで命令を下す入力装置や命令から演算した結果を出す装置まで大きく分けて次の通りの区分に分かれます。

  1. 入力装置…命令やデータを入力する
    キーボード・マウス・スキャナ・ペンタブレットなど

  2. 外部記憶装置…命令(プログラム)やデータを保存する
    ハードディスク・磁気テープ・リムーバブルな媒体(持ち運びができる)としてフロッピーディスク・USBメモリ・SDカード・ポータブルハードディスクなど

  3. 内部記憶装置…演算中のプログラムやデータを格納する
    メインメモリと呼ばれています。今のパソコンでは500メガバイト〜1ギガバイトの容量が一般的です。

  4. 演算装置…命令(プログラム)を実行するための装置で、いわば頭脳に当たります。CPU(Central Processing Unit)といいます。現在のWindowsマシンの大半はIntel社製で互換機としてAMD社のもあります。

  5. 出力装置…演算結果を出力する
    プリンター・ディスプレイ・XYプロッタなど



パソコンを使っているとあまり意識はしませんが、
装置ひとつひとつに役割があり、いろんな工程を踏み
最終的に”人”が求める情報を出力するのがパソコンの使命といえます。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
ウィルス対策ソフトは必ず導入しよう!
オススメはウイルスセキュリティZERO
WindowsのVISTAの公式サポート終了期間まで(XP及びVISTA HOME系は2014年、VISTA business系は2017年)更新費用が不要です。
コストパフォーマンスなら断然ウイルスセキュリティZEROが最適です。
posted by hamap at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン座学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

座学1・コンピュータは賢い?

世の中のデータというデータはほとんどコンピュータで管理されています。
役所に行っても、病院に行っても、コンビニにいっても。
住民票紹介にカルテ・POSレジにいたるまでありとあらゆるものが電子化されています。

操作するのも簡単にできていますし、与えたデータとプログラムによって計算結果をすばやく表示します。

もはや現代ではなくてはならないものとなりました。
家庭でもパソコンの普及率はうなぎのぼり。一家に一台は当たり前。

コレだけの仕事をこなすのですからよっぽど賢いと思いません?

確かに便利な機械であることには間違いありません。
しかし、便利=賢い ではありません。

一見何でもこなしてしまいそうですが、
実はすべてのコンピュータは命令を与えないと何一つ動かないのです。

すなわち、「〜をせよ」というプログラムがあって初めて動くものなのです。
昔のファミコンや今のポータブルゲーム機を思い出してください。
そのゲーム機(ハードウェア)だけでは何の役にも立ちませんが、
カセット(ソフトウェア)を差し込んで初めてゲームができる。
それとまったく同じで、
コンピュータ(ハード)だけではただの箱
その箱にソフトウェアを導入することで初めてそのコンピュータは仕事をする、ということです。
flowchart.gif

コンピュータには自我もありませんし、自分で考えるということはしません。(将来的にバイオコンピュータみたいなものがあらわれるかもしれませんが)
結局はコンピュータは道具に過ぎない、ということです。

使い方によってはとても便利ですし、悪用すればいくらでも悪用できる。他の道具と同じです。

そういったコンピュータの大原則を踏まえてこの講座を進めて行こうと思います。

▼パソコンのしすぎは運動不足のもと。そんなときはビリー体長の下に入隊だ!!▼
posted by hamap at 12:39| Comment(15) | TrackBack(0) | パソコン座学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

初心者のための講座スタート!

初心者のためのパソコン講座が始まりました。

このサイトをご覧になられているということは、
基礎の基礎位はできている、ということになりますねわーい(嬉しい顔)

では、まだまだご存知でない便利な使い方や、ちょっとしたワザ、
パソコンの基礎知識を取り扱います。

どうぞよろしくお願いいたします。

薄毛や脱毛の悩み解決!自毛植毛無料医療カウンセリング実施中!
posted by hamap at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

test記事

test記事
posted by hamap at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。